肌の色や肌質でのレーザーの選び方

肌の色が濃い人は高性能の機器が導入されているところに通おう

クリニックで主に採用されている医療レーザーによる脱毛方法は、ムダ毛の黒い部分に反応する性質があるため、肌の色が濃い人はムダ毛や毛細胞だけでなく、皮膚の表面にも負担が掛かってしまうことがあります。また、日焼けをしている人や肌荒れを起こしている人についても、通常よりも施術中の痛みを強く感じたり、術後に火傷のような状態になったりすることがあるため、医師と相談をして適切な施術方法を選択することがおすすめです。最近では、肌の色が濃い人も安心して施術を続けられるよう、最新型の医療レーザーを導入している美容外科や皮膚科のクリニックの数も増えています。そこで、各地で評判が良いクリニックの施術の症例写真を参考にしながら、じっくりと通院先を決めることがおすすめです。

敏感肌や乾燥肌の人は脱毛期間が長くなることもある

敏感肌や乾燥肌の人は、一度に長時間にわたりレーザー脱毛の施術を行うことで肌トラブルが発生しやすくなることがあり、なるべく肌に負担を掛けたくない人は、数回に分けて一つの部位の施術を受ける必要があります。そのため、クリニックでレーザー脱毛の施術に申込をするにあたり、担当の医師にカウンセリングの時に毛周期や肌質、肌年齢などを詳しく調べてもらい、余裕を持って通院計画を立てることが大事です。大手のクリニックの中には、肌に自信がない患者のために定額制のレーザー脱毛のコースを用意しているところもあります。そこで、出費をなるべく少なくしたい時には、料金システムにこだわってクリニック選びをすることがポイントです。

レーザー脱毛を新宿でするには体験を通じてサロンを選ぶことです。機器が自分に合っているかやスキンケアが充実しているかを確認することが重要です。