アレキサンドライトレーザーとは?

アレキサンドライトレーザーの特徴と歴史

一口に医療レーザー脱毛と言っても、使われているレーザー脱毛機の種類は様々です。中でもアレキサンドライトレーザーは多くのクリニックで導入されています。1996年にルビーレーザー脱毛機が開発されましたが、これはメラニン色素が少ない白人向けのものであり有色人種には適していませんでした。同年に有色人種に対応したアレキサンドライトレーザーが開発され、1997年に日本にも輸入されるようになりました。アレキサンドライトレーザーはアメリカのFDA(米国食品医薬品局)に認可を受けています。アレキサンドライトは鉱物の一種であり、天然のものは産出量が少ないため希少性が高いです。レーザー脱毛の媒質として用いられているのは人工的に作られたものです。

アレキサンドライトレーザーのメリット

アレキサンドライトレーザーはメラニン色素に吸収される性質があるため、太く濃い毛の脱毛に適しています。また、脱毛のみならず肌の黒ずみやシミを除去するために使われることもあります。ただし、その性質上白髪や産毛などの脱毛には適していません。レーザー脱毛を行う際には火傷などの肌へのダメージを防ぐため冷却が必要ですが、アレキサンドライトレーザー脱毛機には冷却ガスの噴射装置が備えられています。そのため冷却ジェルを用いる必要がなく、施術時間が短縮されます。ジェルによる肌荒れの心配がないのもメリットと言えるでしょう。なお、日焼けしている場合はレーザー光が過剰に反応してしまい火傷の恐れがあるため、アレキサンドライトレーザー脱毛はできません。

レーザー脱毛を横浜で実施すると、スキンケアを入念に行ってくれるため肌に優しいです。自宅でのケアが推奨してくれるサロンがあります。